フォト
無料ブログはココログ

« 宇宙人意識の高い方たちへ、リハビリが必要ですね☆ | トップページ | 宇宙意識と瞑想☆ »

2020年2月11日 (火)

サインとシンクロを紡いで生きる☆

2020年の2月も、様々な予感を感じさせてくれますが

その『予感』の中身を言語化すると

 

・サイン(メッセージ)

・シンクロ

・宇宙意識

・瞑想

 

今、私には、この4つのキーワードが色濃く浮上している感じがしています。

 

その中で、日々の現実の生活の中で、キラリと光るメッセージ性を含んだサインを、どう受け取り、どうつなぎ、どう活かしていくか?

ここが受取上手さんになって、受け取った情報を正しく処理できて、そして次の行動に活かすことができたら

ほぼ完ぺきでシンプルな宇宙の動きと連動していると言えるのではないでしょうか?

 

 

正しい処理の部分で、ひと言アドバイスさせていただきますと

今、巷では、とにかくぞろ目の車のナンバーが溢れかえっています。

 

これっ!いちいち反応して、『4444』とか『8888』と言っていても仕方がないくらいに

本当に溢れかえってしまっています。

エンジェルナンバーも、ここまで一般化してくると、意図的なものが多いので

これにいちいち反応したり、意味づけしたりしても、労力の無駄かもしれません。

 

 

それから、ご利益系の事象も、本当に多くなってしまって

エネルギースポットに出かけよう!もそうですし、ありがたく頂戴していたはずの御朱印なども

すでにスタンプラリー化している部分もあり

ぎりぎりの線引きではありますが、どうしても救われたい、ご利益が欲しい、ラッキーなことが欲しい

この思いが強すぎますと、本当のサインを見落としたり、見逃したりしてしまいますので

程よい欲(人間が三次元で生きるには欲がなければいられませんので、一人一人にとって与えられた課題としての欲ならば、学びになります)と

程よい手放しとのバランス感覚を私はセッションやレッスンでお伝えさせていただいています。

 

一人一人が持ってきたテーマに沿っての『地球の生き方』がありますので

欲(知りたい、学びたい、会いたい、欲しい、気になって仕方がないなどなど)が、まったくなくても、アプローチができず困ってしまいますし

また欲が強すぎると、執着となってしまい、シンプルな宇宙意識とのつながりが遠ざかってしまいますので

やはりこの辺のバランス感覚が一番大切になってくると思っています。

 

 

ですから、サインの受け取り方一つとっても、周りに流された受け取り方をしていらっしゃる方もいますし

サインが来ていても、拒む方もいらっしゃいます。

この辺をスムーズに気楽に、さらっと受け取り、現実に活かしていくだけで、本当に軽やかに人生に変化していくのですよ☆

 

 

さて、そして、もう皆様おなじみのシンクロですが

これは、数年前から見ると、本当に皆様、上手に受け取っていらっしゃいます。

 

そして、シンクロが起きたからと言って大騒ぎせず、潜在意識でみんながつながっている以上、当たり前のこととして

さらりと受け取り、シンクロの受け取り方も、実にスマートで軽やかで、外さない感じになってきていらっしゃいます☆

 

ただし、ここまで来たら、シンクロの内容の深さに注目してくださいね!!

 

潜在意識も何層にもなっています。

 

だから、浅いところでのシンクロでしたら、今、連絡を取ろうと思った時に、その相手からメッセージや電話がくる。

あるいは、「あの人どうしているかしら?」っと思っていたら、外出先で、その人にバッタリと会う。

 

これは、シンクロの中でも初級編と思ってください。

 

もっともっと深い層でシンクロが起きると、まさに『時空を超えます』

 

実は私は、昨日の神様セッションにて、13年前のある場所に、クライアントさんと一緒にいたことを知り

でも、それは13年前ではなくて、今まさに起きているのだという感覚の中にいて

お互いに手を取り合って、感動の涙を流したのでした☆

 

それは、岡山の真庭市にある醍醐桜の物語☆

『千年桜が聞いたピアノ』

そんなタイトルでテレビや新聞でも話題になった出来事でした。

 

クララ・シューマンのピアノをお持ちの岡山の方、そして有志の方たち、何より、後醍醐天皇ゆかりの桜の下でピアノ演奏をしたいと望まれたピアニストのルース・スレンチェスカ女史の思いが叶い、桜の木の下でコンサートが開催されたのでした。

 

 

私は、ご先祖様を辿って親戚の家に行き、前日、お墓参りを済ませ、親戚の方たちが、ここには何にもないけれど、桜の時期なので

千年桜を見せてあげたいと連れて行ってくださったのですが、山を登り切ったときに、大きな桜の木の下にピアノがあるではありませんか?

 

 

それは、2007年

北海道で一軒しかない『飛峪』のルーツを探し、真庭市の親戚にお電話した時

『子孫が生きておったか!!あんた来い!!』

の言葉を頂いて出向いた日の翌日、千年桜の下でピアノ演奏を聴くことができたのでした。

 

まさに、ご先祖様がお喜びになって、私を導いてくださった☆

 

そして、昨日、神様セッションにいらしてくださった方も、何気にその日、そこに導かれるように出向いていた。

 

私たちは、2007年、同じ桜の木の下にいたのでした☆

しかも、ありえない状況でのピアノ演奏を聴き、それを喜んで、桜の花びらが、ぱ~っと散る様子を今でも覚えている

そうです、私とクライアントさんは、同じ時の中にいて、今でもそれを思い出す。

ということは、私たちは同時に今もその次元に存在しているのです。

 

あの感動は、私の人生の中でも5本の指に入る感動の場面でした☆

 

その様子を伝えてくださっている方のブログです

千年桜が聞いたピアノ

 

 

私とクライアントさんが、昨日体験した感動は、2007年のものであり

そして、今2020年のものなのです。

私たちにしか分からない感動の瞬間の中にいる☆

 

 

そして、そのことは、クライアントさんにとって、ご自分の人生の確信になるものとなったのでした。

もちろん、それだけではありません。

セッションの中で、数々の謎が解け

クライアントさんは、ご自身の人生を受け入れることができたのでした。

 

そして、セッション後頂いた感想です。

 

『今日は、ありがとうございました。

ただ、、、ただ、、、感謝です。

 

今までのチグハグでぼやけていた人生が、やっと繋がりました!

こんな日が来るなんて!

 

あまりの出来事に、まだ頭がボーっとしていて

胸がいっぱいです。』

 

 

そうなんです!

今まであきらめていた方も、やはりの2020年なのですよ☆

 

決してあきらめないでくださいね!!

 

だって、私たちはこの2020年の大転換期を知っていて降りてきているのですから!!

 

逆に覚えていたら、今までが、もっと大変だったはずです!!

 

だから、今でいいのです☆

 

今年中に何か一つでも思い出せばいいのです☆

 

そして、自分の人生に自信と誇りを取り戻せばいいのです☆

 

千年桜、今年は愛に行きたいです☆

 

Daigozakura

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 宇宙人意識の高い方たちへ、リハビリが必要ですね☆ | トップページ | 宇宙意識と瞑想☆ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宇宙人意識の高い方たちへ、リハビリが必要ですね☆ | トップページ | 宇宙意識と瞑想☆ »