フォト
無料ブログはココログ

« 童子、稚児のサポートを受けて☆ | トップページ | 孔雀明王が仕上げしてくださいました »

2019年7月26日 (金)

草として生きた者たちの思い☆

昨日、高速道路で起きた出来事は、明後日まで、妙乗院にてお仕事させていただくことで、やっと、ここに来た御霊がおさまるのだと分かりました。

それは、29日に私が向かう静岡の足柄に関係していることでもありました。


私には、足柄山一体にいた風間一族の頭領の娘、おふうの過去世があります。


だから、今回、忍者や行者や陰陽師が入り乱れるようにして五万体がやって来たのですね❗️


そして、おふうだった私に伝えたかったのは

「自分たちは、草として

いつだって、王や殿や親方に使い捨てにされたんだ」

という悲しみや恨みでした。


いつだって、必要がなくなったら切り捨てられてきた。


その無念だったのですね。


これからはもう、人が駒として使われることのない世界にしましょうね^_^


明治維新までは、行者は3000万人以上、陰陽師も忍者も数万人いたそうです。


明治政府が、彼らの力を恐れて、無き者にしようとしたことも含めて

いつだって、権力のある人たちによる裏切りや消される辛さ


もう、終わりにしましょうね^_^


それぞれが輝ける時代になるので、生まれ変わってきてくださいね❣️

それが、おふうちゃんの気持ちです。


F688c4b27a364354bf9dbb9ac23dd1b8

65115809276a44cd8affda3277d302f5




« 童子、稚児のサポートを受けて☆ | トップページ | 孔雀明王が仕上げしてくださいました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 童子、稚児のサポートを受けて☆ | トップページ | 孔雀明王が仕上げしてくださいました »