フォト
無料ブログはココログ

« 嵯峨天皇と空海の思いに触れて☆ | トップページ | くくって、括って、潜って、つながって☆ »

2018年11月16日 (金)

三部作の完結☆

2018年の終わりに向けて

ちょっと大げさに言うと、古い地球文明の終わりに向けて
どんどん時間が、というよりは、時の質と濃さが早まっている感じがしています。




11月9日に京都旧嵯峨御所、大覚寺で1200年ぶり嵯峨天皇がお書きになったお写経の一般公開を拝見しに、数名の方たちとリトリートの形でお伺いし、その時に感じたのは・・・



1200年の時を経て、ここを訪れる一般の私たちに、嵯峨天皇の平和を祈るいお気持ちが、一人一人に乗って、日本中、世界中へと飛び立つのだということ☆
ですから、その後すぐ11月11日に奥出雲へと、嵯峨天皇の意識を自分に乗せて向かったことが分かりました。




そして本日からは北陸に入ります。


この【京都】~【奥出雲】~【北陸】



この三位一体が何を意味ずるのか?



ここからは、壮大なファンタジーと捉えて読んでくださって結構ですが
ある方のお話をお伺いした時
もしかしたら、いえ、このストーリーが私の中では真実となっていまして
そうならば、今回の三位一体の動きが、ストンと腑に落ちるような
そんな歴史絵巻をこれからお伝えしますね☆





古代エジプトの奴隷となっていたユダヤ人たちを助けたモーセは、日本の北陸に渡ってきていた(宇宙船に乗ってきた説もあります)




そして、そこで素晴らしい国を築き、もう一度古代ユダヤの地に戻り
再び日本に帰ってくると、自分が築いた国が他の地から来た者たちに滅ぼされていたので
モーセは、再度、山陰に入りもう一度、国を建国した
それが古代出雲王朝であるという説



そして、モーセは最初に渡ってきた北陸の地で眠っている
(実際、北陸には、モーセパークがあって、モーセのお墓もあります)




その後、イエス・キリストが処刑を免れ(兄が身代わりというお話が)
モーセに憧れて日本に渡ってきて、モーセにならって創った国が
吉備王朝という説があります。




ですから、イエス・キリストが吉備王朝の初代の王ではないかと・・・
岡山の県北には、聖母マリアのお墓とされる場所がありまして
おそらく、マリアも一緒に日本に渡ってきたとか?


アヴェ・マリアから、日本の名字の阿部がきているとか?



そんなお話が大好物のニコニコ☆けいこですので
お好きな方は、もう少しお付き合いくださいね!!




北陸にモーセ
吉備王朝のあった岡山にイエス・キリストと聖母マリアの痕跡が☆



では、京都は?といいますと
それはそれは、絶対的な力を振るって、ず~っと以前から日本に入ってきた種族をことごとく大和朝廷下の統一の名のもとに
制圧や征服を繰り返してきたのだと思いますが




この地球文明を築くためには、一時は、絶対的な権力のもとに
まずは【統一】していかないことには、地球がここまで保てなかったのかもしれません




だから、そういう種族が宇宙計画のもと、作られた!!



でも、かなり行き過ぎた!!
これが、今の現状なのでしょう!!

そして、おそらく、ある程度統一したら、力を保持しないとか、人々に任せるという当初の約束があったと思いますが、今はそれを手放したくない存在たちが右往左往している時
なのではないかと感じています。




【要するに、国譲りの反対バージョン!!】



そう、国譲りと言えば、出雲ですね☆


だから、11月11日は出雲、しかも、奥出雲に入らせて頂いたのだと分かりました☆



実は、9日の京都大覚寺での嵯峨天皇の感動秘話を奥出雲リトリートの集まった方たちにお伝えしたら
最初は、皆様の頭の上にはてなマークがいっぱい???



何故なら、出雲の方たちにとっては、皇室や天皇家、京都や御所などが馴染みが薄いのだと思います。
しかも、リトリートにお集まりくださった方たちは、生粋の出雲っ子☆



天皇様がなんですか~?



おそらく、皆様の遺伝子をたどっていくと、出雲族、国津神系
天孫族、天津神系に対する免疫が薄い
遺伝子レベルで、あまり興味がない!!



そんな感じだったと思います。



最初は、参加者の皆様に、日本語をお話しているけれど、言葉が通じない・・・
そんな感じでした!!
もちろん、皆さま、皇室や京都に関する情報は持っていらっしゃいます。
でも、響かないのです~~~


共鳴していない!!
遺伝子が喜びあっていない!!



そうか~


人と人
地域と地域
国と国




それがかみ合わないのは、遺伝子の配合にも関わっているし
土地の記憶、土地が受けた歴史的な記憶が土に残り、建物に残り
なんせ、そこにず~っと生き続けてきた人々の遺伝子に残っているのですね!!



今回起きたことは、一瞬のことですが
10名様ほどいらっしゃる参加者様の中で、大阪からいらした方が1名様
この方と最初、出雲の方の空気が全然違って
皆様、もちろん、現代に生まれた方ですが
最初の10分くらいは、なんと!!




出雲の方たちの上に代々のご先祖様が乗っかって




【あんたたち、何しに来た?  ここは、自分たちの大事な土地だから、勝手なことはしないでください】




はっきりと、皆様の頭上に、このようなプラカードが掲げられていたのでした☆



でもね、思えば、ニコニコ☆けいこは、15年間、日本中をクリスタルボウルと共に行脚して
こういう和解の調停ばかりをしてきたのです。





京都と奥出雲、なんとか調停がまとまりまして
これから、鬼の舌振という渓谷に向かう直前の皆様よいお顔!!













46063556_1372824989520025_735531901





そして、これはスピンオフのお話になりますが
出雲のあきちゃんは、以前から、大きなマザーシップの船長で
宇宙時代に宇宙船が落ちて、乗組員を心配して、今の地球に来たのでしょうね~
ということが、鬼の舌振で、まさに宇宙船の残骸を見つけるという
凄いお話に発展するのですが
そのスピンオフのお話は、また後日とさせて頂きますね☆








1111は、あきちゃんのお誕生日でした☆

こんな数字の日を選んでくるなんて、やっぱり、あきちゃん只者ではないです!!


おめでとう~~~!!






46118473_1372582229544301_419726550



今だからわかること!!
あっちに行って叱られ
こっちに行って無視され
みたいな最初の数年間!!



なるほど、なるほど、分かります☆



土地は生きていく上には、絶対的に欠かせないのがこの地球
なるべく、いい土地にいたいし、資源もたくさんあるほうがいい
そして、一度住み着いたら、やっぱりそこが大切な自分の土地
誰だって、そう思いたくなるけれど
古代縄文の人たちには、その意識がなくて
自分たちが固定で住んでしまうと、おそらく、土地が痩せていくことをしっていたのでしょう



資源がなくなることを察知していたのでしょう
だから、転々と移住しながら暮らしていた☆



そこが、自分の土地という意識もなく
でも、弥生系の人たちは、そこに定住の概念を押し付けてきた
そして、【誰の土地】という区分けも押し付けてきた



縄文の人からすれば、もともと地球の大地はみんなのものであって
誰のものというくくりをして、境を決めることが理解できない!!



この違いは大きいですよね~




今なんて、自分の土地の境界線が1センチでも、1ミリでも侵されると大騒ぎする方もいらっしゃいますが
そもそも土地は人間のものではないですものね~




縄文と弥生の大きな遺伝子の違いは
みんなのものと自分たちのもの
そこにあるのかもしれませんね




京都~奥出雲~
そして、北陸!!




ここでは、いよいよの白山姫様のお膝元の白山麓での音のお届けです☆
白山姫様は、くくりの神様ですものね~
ということで、縄文と弥生の遺伝子を高次元的にくくっていただくことになるのかしら?





18日の写真家南島幻さんとのコラボは、ご奉納の感じがしています!!
白山に音霊が届きますように~~~♪





そして、三位一体の三部作の完成ですね~☆


そして、いよいよ宇宙文明が地球にもたらされるのです☆




« 嵯峨天皇と空海の思いに触れて☆ | トップページ | くくって、括って、潜って、つながって☆ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1632383/74610849

この記事へのトラックバック一覧です: 三部作の完結☆:

« 嵯峨天皇と空海の思いに触れて☆ | トップページ | くくって、括って、潜って、つながって☆ »