フォト
無料ブログはココログ

« 「かみさまとのやくそく」が好き☆ | トップページ | 宇宙と地球計画の結果オーライとは? »

2018年10月30日 (火)

東の日の出る国の民☆

先日、愛知で個人セッションをさせて頂いているタイミングで

ある方から、高知での天皇皇后両陛下の最後の【三大行幸啓】の写真が届きました☆



セッションを受けてくださった方は、警察官として警護のお仕事をなさっていた方で


そうなりますと、ニコニコ☆けいことしましては
15年の音の旅と共に得た情報の中から
皇室関係、御所関係、縄文と弥生の関係や、日本と古代ユダヤの祖先のことなどなど
もりもり盛りだくさんの情報を駆使してのセッションとなり




その方のご先祖様は、まさに京都御所に関係することも分かり
本当に今は、ベストのタイミングで、ほぼ1回のセッションで、ドンピシャな答えがくる時代になったものだと、私自身も深く感動したのでした。




ただ、その方は、今まで数年間、やはりご自分の魂に添った生き方をしたいと
様々な試みをなさっていた方でしたので、最終の答えが、たまたま私のセッションだったという感じでしたが、それにしても、その方から
「あっ!こんなに簡単に答えが出た!!」っとおっしゃっていただいた時には、
本当に今までの歩みが、そして努力や苦労が報われたと嬉しくて、ありがたくて
肩の荷が、どんどん下りていく感じがしていました。





高知での天皇皇后両陛下のお写真は、こちらです



45055327_280502612575929_8582619412




さて、お話は変って
先日は、シリアまで目指した音の旅のお話をしましたが



その後の続き!!


これは、時々、今までのブログでもお伝えしてきましたし、お話もしてきたのですが


やはり、今は今で、そのお話が必要な方がいらっしゃるようです。


私の弾丸娘時代の平和のためとはいえ、かなり過激というか、思いつめた行動も
その時の人の思いの重さと比例していたのかもしれません。




平和を願う私自身も重い思いを持っていたということですね☆



先日はお伝え出来なかったシリアからの脱出劇の最後の落ちは・・・



タクシーに乗って、ヨルダンの宿泊先のホテルを目指していたはずが
どんどん畑の中に向かうタクシー



そして、ついにはコンクリートの建物の前でタクシーが止まった時には
私の想像では、映画の中のように武装した兵士たちが出てくるっと覚悟した瞬間
なんと、女性や子供たちが!!





そうなんです!タクシーの運転手さん
初めて見た日本人を家族に見せたかったと・・・



そこには、奥様と中学生くらいの女の子と小さな子供たちが☆



そのお姉ちゃんは、少し英語が話せて、その子が私たちの通訳をしてくれて
そして、果物や飲み物を出してくださって、精一杯のおもてなしをしてくださいました。




その家族も日本に憧れていて、


「日本は素晴らしい国と聞いている
いつか、日本に行って学びたい」と、お姉ちゃんは言ってくれました。




その時、私が感じたのは、こんなに目を輝かせて、日本のことを夢見て
日本で学びたいと言ってくれる純粋な思いを持つ少女
でも、日本では、お勉強が嫌いでも学校へ行っている子がたくさん・・・


その不条理というか、先進国というくくりに仲間入りしたはずの日本は
【東の日の出ずる国の民】と言われるのに、ふさわしいのであろうか?






ヨルダンで会ったご家族は、日本という国が、本当に素晴らしい国と思ってくださっていました。



そういえば、エジプト~イスラエル~ヨルダン~シリアの旅の数年前に
私は、ドイツからオーストリアへ入り、そして、クロアチアに向かったことがあります。




この時も、戦争地域を回り、オリンピックがあったくらいの近代国家で、なぜ、民族紛争があったのか?



なぜ、都市を破壊してまで、争わなければならなかったのか?



歴史の中で、どうしても消せない思いや政治的な思惑や、様々なことが入り混じって
すべてを破壊つくしてしまう戦争の怖さを見たのでした。




その時は、クロアチアからボスニア・ヘルツェゴビナに向かったのですが
アドリア海の美しすぎるくらいの海を眺めながら、キリスト教圏とイスラム教圏を行ったり来たり
そのたびに兵士たちがいる厳重な国境を通り、厳しいチェックを受ける




日本も確かにすさまじい戦争の体験がありますが、私自身は体験していないので
美しいビルや教会に残る砲弾や銃の爪痕
崩壊したままになっているかつての歴史的建造物




そんな中をイスラム教圏の中にあるメジュエゴリエというマリア様が出現したといわれるキリスト教圏の街を目指したのでした。




なんともややこしい状況



ですから、はじめは、イスラム教徒のタクシーの運転手さんに、初めはお願いして、途中で、キリスト教徒の運転手さんを探す予定が



イスラム教徒の運転手さん
これまた、「東の日の出国の民を始めてみた!!」




そして、「噂に聞いている通り、嘘はつかない、約束は守る、なんて良い人たちなのだ!!」と
云ってくださって



途中からタクシーの印を外し、一般乗用車として、メジェゴリエまで、あなたたちを送っていきたいと言い出して・・・



いえいえ、そんなことをして、運転手さんの身元が分かると大変なことになるので
いけませんと何度言っても



自分が聞いていた日本人は、やはり正直で、礼儀正しくて、素晴らしかった
だから、私があなたたちを守る
っと言い出して、なんと、キリスト教圏の中への送迎を命をかけてしてくださったのでした。





なんでも、そのころ、中国の観光客の方が、お金は払わない、値切る、
最悪なのは、スプレーを目にかけて逃げていく
そんなことがあったのだそうです。




だから、東洋人を見ると嫌な感じがしていたそうですが
同行してくださった方が、クロアチアの大学を出て、言葉がお話しできたのと
もちろん、約束以上のお金、チップは当たり前と思っている私たちでしたし
時間の約束を守ることも当たり前
感謝することも当たり前ですものね




イスラム教徒の運転手さんも、「一度、あなたたちの住む美しい日本へ行ってみたい
あなたたちのような人が嫌な思いをしないように、私は安全な場所まで
必ず連れて行くから」と言って
でもでも、やはりの車の中には、銃があったりして~~~
(それは、運転手さんの護身用ですが)





とにかく、東の日の出ずる国に住んでいる私たちは、今、こうして平和でいられることが
どんなに貴重で、どんなに有難いことなのか?
世界へ出てみると分かりますね☆




私は今、この国の平和を一心に願ってくださっている天皇皇后両陛下の思いが
どれほどのものかと感じています



そして、東の日の出ずる国の民として
もっと人間性を磨き、この国に憧れてくださっている方たちに恥じないように生きたいと思っています。



私たちの中に宿っている【崇高な精神】

その光が、世界を照らしていけますように☆







« 「かみさまとのやくそく」が好き☆ | トップページ | 宇宙と地球計画の結果オーライとは? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1632383/74503395

この記事へのトラックバック一覧です: 東の日の出る国の民☆:

« 「かみさまとのやくそく」が好き☆ | トップページ | 宇宙と地球計画の結果オーライとは? »