フォト
無料ブログはココログ

« 地球防衛軍・特攻部隊☆ | トップページ | 新たな京都は、旧嵯峨御所から☆ »

2018年10月23日 (火)

京都・・・再び☆

最近は、毎日起こる出来事の深みと大きさがすごすぎて

このままの変化でいくと、来年は本当に大ジャンプの年になりますね~☆





日々、古い世界の終わりと新しい世界の始まりを個人セッションやライブを通して、現実に体験させて頂いて
なんとも言えない感慨深い感情を味わわせて頂いています。





そのような中、今までのすべての思いを持って、11月9日に京都に出向きますが
その内容は、次の記事でお伝えするとして
日本にとって、いえ、地球や世界にとっても、重要な役割を担ってきた【京都】
この京の都にまつわる様々な思いが年内には開放されていく様子が見えてきましたよ☆





実は、2004年にクリスタルボウルを持ち、日本中の土地の浄化に呼んで頂くようになって
まず初めに、ある霊媒師さんからご依頼を受けた大分の宇佐神宮へのミッション
これも、いつかお話する時があるかもしれませんが、
とにかく、このミッションのために、北海道から三度、大分の宇佐神宮へと向かうことになりました。




その中で、浮上してきたのが岡山の和気出身の和気清麻呂公、それに伴い菅原道真公




となると、その流れで、京都御所近くの会場にて、クリスタルボウルコンサートや個人セッションのご依頼を頂いたのでした。



京都御所の近くには、和気清麻呂公や菅原道真公の神社や縁の場所があったので
そこに呼ばれたのですね!!



それにしても、京都に掛かっている様々な呪術的な世界は、何層にもなっていて
もちろん、クリスタルボウルですべてがどうなるものではありませんが
でも、クリスタルボウルのバイブレーションが入る必要があったのです☆



そして、最初に私を京都につないでくださった方は、相当な重い世界を担当している
霊的な方でしたので、この方から




「けいこさん、京都に入るのなら、京都の霊道を守っていらっしゃる重要人物にご挨拶してからでないと無理だと思います」



そのお話から、初めての京都コンサートの前に、京都を守っていらっしゃる女性へご挨拶に伺ったのでした。




そこで、私が体験したことは
それはそれは、世にも恐ろしい~~~霊的体験
というか、その霊媒師さんが私を試したお験しの現象でした☆




霊が間違いなく通るというお部屋のスポットに私を招き入れ、そこで15分ほど
私は一人でいるように言われました。


(そのお部屋が、そうだったというのは、知らされずに???)



なんとなく、何かを感じた私は、クリスタルボウルを持ってその部屋に入り
言われた通りの場所に座っていると・・・



これも、なんとなく、クリスタルボウルを奏でたくなって、ただ気持ちに従って、奏でていました。
その方がお部屋に戻って


「あらっ!何もなかった???」と言われて、私はその方が何をしたかったのか分かったのですが




そう、京都の霊的世界が、その霊媒師さんを通して、私の肝がどのくらい据わっているかを試したかったのですね!!




そのことが分かったのは
京都での初コンサートの数週間前に、奈良裕之さんからお電話を頂きまして



「けいこさん、京都でクリスタルボウルコンサートをするって聞いたけれど
初めての京都でのコンサートは大丈夫かな?っと感じるので
一緒にしましょうか?」っと不思議な申し出があったのです。



そうして、霊媒師さんのお家にお伺いした翌日、奈良さんのサポートを受けてのコラボコンサートになったわけですが
結果として、あの時、奈良さんが応援に駆けつけてくださっていなければ
私は今も、こうして元気で日本中に呼ばれることもなかったと感じているほど



京都に掛かっている、掛かっていた呪術的な世界は
一筋縄でいくものではなかったのです☆




ですから、京都の見えない世界に受け入れて頂くまでは
鞍馬山ツアーを企画しても、大雪のため、関東からいらっしゃるお客様が全滅で
でも、雪の中の貴船神社や鞍馬山には呼ばれていて、大阪方面の方が急遽、参加してくださって、真っ白に雪が積もる貴船や鞍馬を歩くことになったのでした。




何度も、何度も、京都ではお試しがありまして
最後に見えない世界が何を私に言いたかったかというと
京都の霊道を守る女性が、夜の会食の際に、霊的世界の言葉を代弁させられて


いきなり感情をむき出しになり、大声で
【けいこさんは、自分のしていることが分かっていますか~~~
あなたは灯台の光のつもりでいるかもしれないが
あなたの光を求めて足元によってくる思いは、灯台の光からは見えないでしょう~~
光の足元の暗闇でうごめいている悲しみや苦しみをどうするつもり!!】




っと叫んだ時に
あ~これが、今の京都に残っている思いなのだと受け取って
言わされている霊媒師の女性に



【おっしゃることは良くわかりました。
これは、今、現実に生きている私たちが理解し合い、仲良くすることで
霊的世界で苦しんでいる思いが浮かばれていくのだと思います。
だから、私たちが仲良くしましょう!!】と返したのでした。




すると、その霊媒師さんは、【その言葉が聞きたかった~~~】っと泣き崩れたのでした
ここから、私は、どんなことがあっても、どんな罵声をあびせられても
たとえ、魔女や悪魔と言われても
それを言っているのは、ご本人ではない
霊的世界に操られているのだと、背景の世界を見るようになったのです。




今から10年までほどは、本当に霊媒師の方たちは大変そうでした。
霊的世界の感情に振り回されてしまうことが多かったように思います。
それでは、この世に残っていた思いが、重かったのですね~



急に怒り出したり、泣き出したり、暗くなったり、倒れちゃったり、寝込んだり
霊的世界に関わる方でも、霊障に悩む時代があり、それが重かったのだと思います。




今でもゼロではないですが、でも、以前よりははるかに残っている思いが軽くなってきたと感じます。



ですから、重い世界を担当してくださった方たちには、心から感謝していますし
その当時、クリスタルボウルをポ~~~ンで、光に還りますよ!!なんて言っている私のことは、しゃらくさい!!っと感じられたのだと思います。



でも、みんなで連携してのこの世界のお清めでしたので
私は私の担当の周波数の世界を、黙々とさせて頂くことに徹すると
いつしか、霊媒師さんたちも、私の受け持つ世界を理解してくださってきたように感じます。





さあ!!その京都に、いよいよ、次のステージを見据えて入っていきます☆
それは、笑敬としての部分もありますので、
一度、得度してあの世に逝ったことは、大きいですね!!




29792589_1186788958123630_851924524




京都にまだ残っている思いがあったとしても、以前とは違った共鳴の仕方をするのでしょう


そうそう、二度ほど、させて頂きました、播磨陰陽師さんとのコラボイベントのお陰様も大いにありますね☆




京都では、その時、宇宙時代に大きく関わった方との再会もあり
ほんとうに、時系列バラバラで申し訳ありませんが
今だから、これがもう最後の過去をリリースさせてください。




その時の京都での出会いは、オリオン大戦に関わる方が、とても多かったように思います。



ここからは、オリオンやプレアデス、シリウスのことも思い出す限り書いていきますね!!




とにかく、宇宙はシンプルにして、複雑!!



何重にも折り重なる時空間
でも、そこを抜けると、ぽっかりと空なる世界




あ~蛍の光が、ある一つの世界の終焉を伝えています☆




さあ!!京都に宇宙的な新しい風が吹き出しますよ☆


それは、確実に皇室に関わってきた思いが光になっていく証ですね☆





« 地球防衛軍・特攻部隊☆ | トップページ | 新たな京都は、旧嵯峨御所から☆ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1632383/74457188

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・・・再び☆:

« 地球防衛軍・特攻部隊☆ | トップページ | 新たな京都は、旧嵯峨御所から☆ »