フォト
無料ブログはココログ

« 京都・・・再び☆ | トップページ | 今は亡き宇宙の友に捧げる☆ »

2018年10月24日 (水)

新たな京都は、旧嵯峨御所から☆

昨日、クリスタルボウルを持って、初めて京都の浄化に入った際のお話をさせて頂きましたが


10年ほど経過して、新たな京都との関係は、下記のイベントからスタートします☆



とにかく、来年の生前退位、そして、新しい天皇陛下誕生は、
日本にとって、世界にとって、本当に大きなことなのですよ~☆



今、日本人でこの世に生を受けた方たちは、少なくとも潜在意識ではそれを知って生まれてきています。



全員の顕在意識に浮上しなくても良いとは思います。



むしろ、全員がそれに向かって意識を向けると、また大きな力になってしまいますので
必然の方たちが意識を向けて、そしてバランスですね~!!





【真仰&笑敬と行く 旧嵯峨御所 大覚寺ツアー】


参加ご希望の方は、お早めに、ニコニコ☆けいこへお願いいたします
show117keiko@gmail.com



44273442_1356396394496218_400016190

京都 旧嵯峨御所 大本山 大覚寺では、10月1日に「戊戌開封法会」が高円宮妃殿下お成りの下、献華舞楽付の開白法会を皮切りに勅封心経殿が御開扉されました。

1200年前に、嵯峨天皇が都の飢饉や疫病の流行に国の一大事と悩まれ、相談されたのが弘法大師。大師がお勧めになったのが般若心経のお写経。一文字一文字に平安の祈りを込め、その後弘法大師のご祈祷により安泰となったと言われる。

戊戌の60年に一度の御開封、そして今年はちょうど1200年、そして平成最後となる縁に何か新たな時の始まりを感じてなりません!

11月末日までの期間中は一般初公開となる嵯峨天皇をはじめ、後光厳天皇、後花園天皇、後奈良天皇、正親町天皇、光格天皇の勅封般若心経がご開封され、特別にご高覧いただけます。

また11月より門外不出の嵯峨菊展も開催されています。

60年に1度の開かれし扉
次60年後まで決して開かれない扉
あなたはどちらの扉を潜りますか?

2018年11月9日(金)
集合 JR嵯峨嵐山駅  午前10時45分
その後、京都の料亭でも使用されている嵯峨豆腐 森嘉さんの湯豆腐ランチを頂きながら、大覚寺でお務めをしていらした
真仰さんのお話会

大覚寺参拝、「戊戌開封法会」参拝

その後、ご希望の方は嵯峨天皇御陵参拝(笑敬のクリスタルボウル奉納演奏)

お時間がありましたら、東寺参拝もあるかもしれません

解散は18時に京都駅を予定しています。

ご自身の参加可能なお時間までご一緒ください。

定員 20名

参加費  15名までは、おひとり様5、000円
     15名以上20名までは、おひとり様6、000円
(人数により、ランチの内容が変更になりますので
 どうぞご了承くださいませ)

※お数珠をお持ちの方はご持参下さい。
※歩いての移動や御陵参拝は山を登りますので、服装と履き物は動きやすい格好でお越しください。




« 京都・・・再び☆ | トップページ | 今は亡き宇宙の友に捧げる☆ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1632383/74464129

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな京都は、旧嵯峨御所から☆:

« 京都・・・再び☆ | トップページ | 今は亡き宇宙の友に捧げる☆ »