フォト
無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

新星イエヤス☆

激動の9月を大型台風が、さらに日本列島を直撃していますが

みなさま、備えながらお過ごしになっていらっしゃいますでしょうか?


備えというのは、もちろん、現実の物質世界での対処が必要で
それと共に、この2018年9月末の台風は、自分の中の不要な思いを根こそぎ
持って行ってくれるものでもありますので
心身の両面での影響を感じることになるでしょう!!



台風は、やってくる前は、【本当に来るの?】という感覚になりますし
通り過ぎた後は、【嘘のように晴れやか!!】となるもので
何度体験しても、不思議な現象と感じます。


ただ、今回は気になっていた紀伊半島への上陸がありますので
心配していた南海トラフが、このような形での浄化になるとしたら
どうぞ不必要なものを持って、なるべく小難で立ち去ってくださいと願うばかりです。


私たちが地球に堆積させてしまった思いを払うために、どんどん大きな天災が起こるとしたら
自分たちの過去世も含めて、どんなに地球に負荷を与えてしまったのだろうと
地球にどんなお詫びができるのだろうと考えてしまいます。



地球という星は、本当に宇宙でも稀な、思いがカタチになっている重要な☆です。


この星は、決して劣っているのではなく、どの進化した星の存在もが興味深く見ている
物質世界なのです。

だからこそ、思いがどんなふうにカタチになるのか?
思い知らされる場所でもあります。



ところで、お話は変わりますが、
最近、とにかく、【家康】のキーワードがきていまして

ありがたいことに、何度も何度も、東京の増上寺でクリスタルボウルJAM♪をさせて頂けるのは、当然、家康公のお気持ちがあってのことで
さらに最近は、家康公がお生まれになった愛知県の岡崎でもクリスタルボウルJAM♪をというお声を頂きまして
最初は、どれだけ熱い思いが残っているのかしら~?

っと過去の家康公の思いにつながったのかと思っていまして
【関ケ原に5回も行って、クリスタルボウルの音をお届けしているのに、まだ?】とか

【東照宮がらみの場所も、ずいぶんいったけれど、まだ何か必要?】と
残した思いは何なのか?っとフォーカスしていましたら
いえいえ、そうではなさそうでしたよ!!



最近であった、イエヤス様はこちら↓


42720555_566878177084469_7201029828



まあ~なんてかわいい~
まるで、ミッキーマウスですね☆


でも、これは生後数か月のころの写真で、今では、頭も白くなって1歳を過ぎた成犬になっているそうですが


この子が、新星【イエヤス】


そして、この子のパパは、日の丸と言って、真っ白なのですよ☆
1559465_693366380799226_16600805093

この子のママは、まだ4歳くらいで若かったのですが、産後のひだちが悪く、亡くなってしまったそうです。

ただいま、日の丸とイエヤスは、一緒に暮らしていて
イエヤスは、周囲の人が、【だまされた!】というくらいに、変容してしまっているようですが
でもでも、2018年の戌年、平成最後の年に生まれ来たのは
戌の姿をした【イエヤス】とは???
そこで、感じた家康公からのメッセージは、
あの時代、天下統一には、人間だけの力でなしえることではなく
自分も含め、名だたる戦国武将たちは、霊的力、つまり、宇宙とつながることができて
人智を超えた直感やメッセージによって動いていたのだと・・・
今のこの混とんとした時代は、独裁的な力を発揮する強いリーダーが必要なのではなく

一人一人が霊性に目覚め、この世は物質だけで、目に見えることだけで動いているのではないということを、素早く、そして、少しでも多くの人間が気づかなければ、
本当に日本も世界も地球もダメになってしまう☆
はやく、気づきなさい
はやく、目覚めなさい
そして、クリスタルボウルによって、たくさんの人たちを覚醒に導きなさい!!
増上寺で頻繁にやってくるエネルギーは、家康公からのこのようなメッセージだったと感じます。

だからと言って、また人で生まれてきてしまっては
ご自分の所に、力が集中してしまうので
なんと!!
ワンちゃんになってまで
訴えてくださるとは!!!
家康公もお茶目ですね☆
とにかく、急がれていることは確かです☆
見えない世界、心の世界に意識を向けることこそ
気づきの第一歩
覚醒の第一歩
私たちは、大いなる愛の源に導かれて、決して心配することのない大安心の宇宙の中の一人なのです☆
この地球では、自分のできることを精一杯させて頂いて
そして、できるだけ、明るく、素直に、正直に、無邪気にいることを心がけましょう!!
↑これは、和歌山県のゆの里のお水が伝えていること
もっともっと、深いお話がありますが、それはお会いした方にお伝えしたいと思います。
お水は、私たち人間をずっと見ていますよ!!
そう、私たちはお水に観られています!!


ゆの里を見下ろす高野山、その高野山を空海さんが開くとき
大変、難儀をしていたら
白と黒の犬を連れた、狩場大明神様が現れて
抵抗する眷属たちを納めてくださったとのこと
ここでも、白と黒の犬ですね~
イエヤス公からのメッセージですね☆


さあ!!待ちに待った、本格的な世の中の立て直しが始まりますよ☆

2018年9月28日 (金)

来年の大嘗祭に向けて☆

まもなく、激動の9月が終わりますね!

今年はず~っと激動だったように感じますが
年末までは、ちょっと気を許さずに、もう少し浄化があるかもしれませんので
みなさま、どうぞお気をつけてお過ごしくださいませ☆




これは、あくまでも、私個人的な見解ですが
来年の大嘗祭へ向けての大きな浄化
そして、来年から始まる新しい世界への準備と捉えることも一つかと思っています。




9月22日~23日に岡山の吉備津神社にて開催された
【古代史ファンタジー KAYA】の内容にしても



その後、25日~26日に開催した和歌山の神野々のゆの里ツアーでの
社長からお聞きした【最新の情報】からしても
すべては、この世の建て直しのために進んでいるとしか思えないことばかりが続いています




KAYAでは、今の日本が成り立つまでの地球の歴史、世界の歴史、そして日本の歴史の深い部分に光が当たり


だから、初日の空には、こんなに美しい天使の羽が祝福してくれました☆




42270074_1339070019562189_247804100


高野山の麓にあります、空海さんのお水で有名なゆの里で知る最新の情報は
世界最先端の技術が、必ずや日本の和心と調和して、世界を救う技術になると確信できますし



参加してくださった皆様の表情が素晴らしい~☆





42678868_1341651732637351_172450532



結果的に、2019年からの世の立て直しは、調和の心を育む日本から
最先端の技術が地球を救っていく・・・
このような構図になっているのだとワクワクしてしまいます。




そんなことを感じていましたら
本日、素晴らしい~ご案内が知人から届きましたので、お伝えさせて頂きますね☆


実は、今までの15年間、いえ、私が地球に生まれた意味は
来年の大嘗祭に集約されているように感じていまして
来年を無事に過ぎることができまして、2020年の東京オリンピックも無事開催されましたら、私ももう、宇宙に還っても良いとさえ感じるほど
ここからの2年が、個人的に【重要ポイント】なのです☆


2006年からクリスタルボウルで四国を回らせていただいた際にも
三木家のことはお伝えいただいて、あらたえ、にぎたえの儀式のことを思い
麻と絹の関係性に鳥肌が立ちました☆


ここでも調和があるのですね~☆


ご案内させて頂く講演会、私は何を置いても飛んでいきたいのですが
すでに予定が入っていて行くことがかないませんので
どうぞ同じ心のある方に行って頂きたいと思います。

こちらの講演会に関しましては、興味本位ではなく
本当に魂の底からお気持ちを合わせてくださる方に参加して頂きたいと
切に願います。

チラシの写真をご紹介いたしますので、どうぞ参加ご希望の方は、ご自身で、お申し込みをなさってくださいませ





麻問屋  麻光  主催の
〜日本の伝統を守り伝える〜活動の一つであります伝統継承の講師の方々によります
特別講演会のご案内でございます。

これから天皇即位において、即位の礼後に行われる最初の新嘗祭(にいなめさい)のことを「践祚大嘗祭」(せんそだいじょうさい)といいます。このご神事で主に用いられるのが、新穀、麁服(あらたえ)=麻織物、和妙(にぎたえ)でございます。

古代より麁服の調進をしてこられたのが、代々徳島阿波の忌部氏でした。その阿波忌部末裔の三木氏をお招きしての特別講演会でございます。

また、様々な日本の伝統を継承の講師の先生方もご参加でございます。

↓↓↓

『大嘗祭の麁服の調進』
阿波忌部直系 三木信夫先生、
神道扶桑教 第六世宍野管長、
七代目麻農家 日本麻振興会 大森会長、1400年の伝統の倭巫女舞、江戸時代からの木遣り、江戸時代からの太神楽曲芸と、多くの講師の先生をお招きしての内容の濃い会となっております。

ご都合着きましたら、是非
ご参加の程、お願い願い申し上げます。

また、なかなかない講演会でございます。
お友達やお知り合いの方々へのお誘いやシェアなど…
何卒、宜しくお願い致します。

感謝申し上げます。





42806528_754305891629015_6779015662


2018年9月22日 (土)

KAYA出演で、岡山に恩返し☆

2018年9月22日、23日の岡山、古代史ファンタジーKAYAにクリスタルボウルで出演させていただくことが嬉しくてならないニコニコ☆けいこです!!


とにかく、練習に参加しながら、毎回、涙している私☆



昨年の初演の際に、観客として拝見させて頂きましたが
私が今まで、クリスタルボウルを持って日本中を回り、土地の浄化、そこに住む人の気持ちの浄化を長年させて頂き、閉じられた歴史、侵略の歴史、なかったことにされた歴史など
その土地に長くご先祖様の時代から住む方たちには、教科書では習わない
口伝によって伝えられてきた【本当の歴史】をお聞きすることが多々ありました。





歴史上も、それから実際の土地にも、そして人の意識も
まるで何層にも重ねられたミルフィーユのような状態になっていることがあります。





では、もともとその土地にいた人たちはだれ???
っと、いつもその疑問にぶつかり



だからと言って、その土地は、いったい誰のものと言えるのだろう?
先住民と言われる人たちの前にだって、もしかしたら、そこに生きた人たちがいたのかもしれない。




だからと言って、その土地は、一番最初に住んだ人たちのものと言えるのだろうか???




あまりに深い問題に、いつも私は頭を抱えて
そこで、考えることをやめてしまいます。




地球は、もともと誰のものでもないし
そこに住む人たちも、古くからいるから、その土地の権利があるというのは
人間のルールであって、それすらおかしいことで
では、どうしたらいいのか?




人が土地も建物も物も食べ物も、心の底から分かち合っていくことができるのだろうか?





そんなことを考えながら、KAYAの練習に参加させて頂いてきました。
KAYAについては、こちらをご覧くださいね↓

私が、自分のルーツを探し、岡山の親せきにたどり着き
そして、その後、岡山に住むことにあったのが2011年の11月
それからの7年間、岡山の方たちに暖かく見守っていただき
本当に気持ちよく過ごすことができています。




私のおじいちゃんが、【岡山から来た!!】とだけ私の父に伝え
私の父は、まったくもって、自分のルーツになど興味がなく
しかも、おじいちゃんは、私が生まれるずっと以前に他界し
ある時、突然、私がパニック障害になり
【これは、私自身のものではない、だれが私に何を伝えたいの?】
そう投げかけると、おじいちゃんの遺影の写真が浮かんできた・・・
たったこれだけの情報から、岡山に親せきを見つけ出し
そして、2008年に親せきを訪ね、お墓参りをさせて頂き
そうこうしているうちに、あの2011年が起きて
あっという間に、私はその年の11月に岡山に移り住んでいたのでした。






こんなミラクルなストーリーの波に、ただただ乗って、岡山にやってきた私を
本当に岡山の地や人たちは暖かく迎え入れてくれました。




だから、今回のKAYAは、岡山への恩返し☆
感謝の気持ちを音でお伝えしたいのです。




そして、KAYAの会場は、吉備津神社ですので
私にとっては、重要なご神事なのです。




素晴らしい仲間たちとさせていただく温羅への、そして、温羅と同様に扱われたすべての魂へのご神事☆


どうぞ、当日券もございますので、22日、23日の吉備津神社へ、皆様、お越しくださいね☆




Kaya
Kaya1

2018年9月19日 (水)

完全なる和解まで、あと一歩☆

914に東京に向かい、濃厚な東京での3日間を終えて、昨夜18日に岡山に戻りました。

最近は、ツアー後の放心状態、浦島太郎状態はなく
今日も「いまここ」気分で、すっきりしているニコニコ☆けいこです!!



でも、今回の9月15日から18日の3日間の東京滞在も、色々な情報とつながり
そして、やはり、大きな和解、和合のサインを頂き
どれほどまでに、地球にしみ込んでしまった人の思いがあるのだろうと
【思いの重さ】に、とにかく、驚いてしまいました☆

ただし、最終的には
なるほどの東京【増上寺】の場の意味が分かり
すべての和解は、この地で行われているのだと感慨深いものがありました。




もうかれこれ2年以上、芝公園にある増上寺でコンサートやクリスタルボウルJAM♪や個人セッション、他の方とのコラボをさせて頂いていますが
今回、判明した増上寺の敷地内は、江戸時代は、徳川家の一族しか入れなかった場所なのだそうです。




実は、私は今、岡山にいまして、目の前に岡山城を眺めて暮らしています。
岡山城と言えば、豊臣方になります。



そして、私は今、豊臣秀吉の養子になった宇喜多秀家や養女になった豪姫のことを
この一年追いかけてきて
すっかり、自分は、豊臣方に仕えていた忍者の子孫と思っていましたが
そういえば、岡山の津山に【飛峪遺跡】があったそうで
それは、江戸時代までだったそうです。



私の祖先がいつからそこに住み着いたかはわかりませんが
少なくとも江戸時代の暮らしが残っていたのなら
戦国の世が終わってからも、そこで暮らすことができた
ということは、徳川家にお仕えした可能性があります。




となると・・・
忍者とは、その時、その時についたお殿様にお仕えするもので
以前、豊臣方だったからと言っても、生き延びて、次にお仕えする方が徳川家ということもあるわけです。



でも、これには、妙に納得で
私の中の【みんな仲良くして】
これを、【八方美人的質】ととらえると
実に、私ほど、そして、私の父方の性質ほど、それにふさわしい気質はなく
【とにかく、今まで何があろうとも、仲良くしましょうよ!!】と間に入って、あっちにも、こっちにも言える質があるのです。




ただし、今までは、その気質が出ると、本当に人に嫌われてきましたが
その意味が、ここ数年分かってきましたので
【まあまあ、何があったか知りませんが、とにかくここは仲良く、手をつないで】
そんな交渉術をしてきたと思いますが
そんなことは成立するはずがなく



【今までの悔しい思い、うらみつらみを、全部出し切ってください】
これがないと、和解は成立しないのだということが本当に身に染みて分かりましたので



それが、個人のレベルでは、結果として
【初期化 オリジンセッション】になりまして
この時代に生まれて生きて、そんなに思いうらみやおそれが入るわけがないわよね!!的な方たちに大変、ご好評を頂いているわけです☆



とにかく、対立していた歴史的世界



その例を一つ上げますと
【源平の戦い】がありまして、これも平家の落人が逃げたという場所をクリスタルボウルを持って、たくさん行かせて頂きましたが
まだ!!残っていたのね~ということがとにかく多くありました。



でも、でも
今回、18日の個人セッションが終わり、増上寺から出てタクシーに乗ったところ
その運転手さんが、すべての思いを明るく解決してくださいました☆



まず、ものすごい訛りから始まった運転手さんの会話
その方は、2年前、宮城県の石巻から東京に出てこられた方で
となりますと、当然、2011年の311にお家は津波の飲み込まれ、すべてを失ったけれど
ご自分もご家族も命は助かったそうです。



まだ下のお子様が大学へ行っているので、単身、東京で働いていらっしゃるそうです。



でも、お孫さんも生まれ、生きていれば、命がつながっていくことの喜びも伝えてくださいました。



私はその方を、ただ、【運転手さん】とお呼びしたくなくて、お名前をお呼びしたら
【私らは、平家の落人で、平間と言います。
横浜の平間駅は、私ら一族のものが住んでいます】



そんなことを自然にお話くださって
でも、そこからの反転が素晴らしい~~~!!




「実は、安室ちゃんのコンサートに沖縄に行こうと思ったけれど、チケットが取れなくて
自分だけ行けなかったから、行った仲間がお土産にくれた、沖縄の黒糖アメ
持ってって!!」
っと、明るい~~~!!




「運転手さん、安室ちゃんのファンなのですか?」っとお伺いすると
「そうそう、安室ちゃんはいいよ~~~☆」



もう、これを聞いたら

【あ~~~!!平家の方たちの悲しみが安室ちゃんで癒されている!!】っと受け取り
その直後のゲリラ豪雨も、そういうことね!!



雨の音が、安室ちゃんに対する大きな拍手!!
そして、私たちに対する大きな拍手に聞こえました!!



遠い遠い昔のことと思っている出来事が
今の私たちの行い一つで、どんどん癒され、和合されていく
アーティストの方たちが、なさってくださっていることは、本当に大きな和合の勧め☆



沖縄出身の安室ちゃんだからこそできた、本州の方の内地の方の和合があるのかもしれません☆



とにかく、東京の和解の大きな役割を担っているのは、増上寺☆
そうそう、平間運転手さんがおっしゃいました
【このお寺は、由緒あるお寺で、そうそう簡単には入れないでしょ
ぜひ、東北も伊達政宗公のお寺があるので、そこで演奏して下さい!!】



う~ここで来ました、伊達政宗公!!



実は、2011年の前に、東北はよく回りましたが、なぜか、伊達政宗公の領地でのコンサートが中止になり、まだ、音をお届けしていないのです
これで、意味が分かりました☆
今なのですね☆
これからなのですね☆




何事、順番とタイミングがすべてですね☆




昨日、東京から岡山に向かう途中、愛知県上空でコンタクトしてきた
宇宙船雲☆




41952250_1336186656517192_130965003



今回の東京での様々な和解を見守り、そして情報を受け取ったようです。
さあ、年内、あともう少し、完全なる和解へのプロセスが進行していきます。



そうそう、そのためには、熊野のヤタガラスさんたちの調和も必要ですね☆

一番暗く思い陰の部分で、表の世界を支えてくださった熊野ヤタガラスさんたち

ここにもどんどん光が届いていますよ☆


このお話は、またいつか・・・


41893997_1334908216645036_603465805


41952252_1334908283311696_699449236



次回、増上寺クリスタルボウルJAM♪は、12月1日です
2日~3日は、オリジンセッション致しますので、ご希望の方は、どうぞお早めにお申し込みくださいませ☆

2018年9月13日 (木)

世界平和は日本から☆

2018年の8月、決着の時を超えて、9月からは急ピッチに仕上げにかかっている感じがしているニコニコ☆けいこです!!


最近は、とにかく、瀬戸内海の見える島に呼んでいただくことが多いのですが
8月の末、そして、9月9日のくくりの日も、福山の内海にある光音寺さんにて
初期化 オリジンセッションをさせて頂きました。



その際に、私の背後で見守ってくださるのは、皇室カレンダーで
7~8月は天皇皇后両陛下
そして、9~10月は、秋篠宮ご一家




では、11~12月は?っと思い、光音寺のご住職の奥様、恵理ちゃんに写メを送って頂きました☆




41575513_557350014679808_8877782037



なんと神々しいお姿のお二人でしょう☆



本日、9月13日に天皇皇后両陛下が、7月の水害のお見舞いに、広島、岡山にいらしてくださいます。




実は、7月11日に、浩宮様が岡山の矢掛というところにいらっしゃることになっていたのですが



7月6日からの大水害の被害が甚大で、岡山訪問は中止
結局、711は災害対策本部に安倍首相がいらっしゃいました。



ここからは、私の想像のお話と思ってくださいね☆



岡山の矢掛、笠岡、鴨方、金光・・・この周辺は、霊的な磁場が強く
ですから、安倍晴明が天体観測をしていたのではないか?
天体観測しながら、宇宙と交信していたのではないか?
っと、私は感じていまして



711の浩宮様、矢掛訪問は、その土地に住む霊的な方か、ご自身が天皇になるにあたって、どうしてもお会いしなくてはいけない方がいらっしゃったのでは?



でも、おそらくですが、順序が逆だった・・・



ですから、9月13日に天皇陛下が岡山に入られることになったのではないか?
今上の天皇陛下が背負ってくださる【慰霊・巡礼】の旅は
ここまで続いてきた天皇制にまつわる闇の部分へのお詫びとお祈りの旅




そして、来年の生前退位は、いまだおさまらない土地に残る無念の思い
そのベースとなった、祟り神を鎮めるため




今、まず日本から、それが始まらないことには、世界が治まっていかないのではないでしょうか?




9月9日、私は福山にて、再び大雨が降り、午前中はなり続ける警報の中でセッションをさせて頂きました。




奇しくも、8日~9日の二日間、瀬戸内海の因島出身のポルノグラフィティが、
7月の災害激励のためのコンサートを開催☆



8日は雨の中、決行しましたが、9日は午前中の警報のため、お客様の安全を考慮し、コンサートは中止!!



災害のために寄付をしたいと、そして出身の広島の方を激励したいと開催したはずが
一日だけの結果となったのは・・・
これも、私の勝手な想像ですが
因島は、村上水軍の本拠地
私は数年前から、村上水軍と平家のことで、瀬戸内海のゆかりの地を訪れていましたが
まさか、ここまで強い思いが残っているとは?




そして、ポルノグラフィティが直接、村上水軍の子孫であるかどうかはわかりませんが、因島で生まれたということは、何かお役目を背負ったということだと思います。




因島を含む、瀬戸内海一帯が、まだ今まで積もり積もった思いを流しきれなかったのかもしれません。

だから、一日は開催、そして一日は中止☆


まるで、喧嘩両成敗のように感じます☆



確かに、瀬戸内海を制する者が、西日本を牛耳ることができた!!
そんな時代があったのでしょう!!



なんと、村上水軍と平家の後ろ盾は、中国の呉王朝の流れだったとか!!
だから、広島には呉市がある☆




この日本は、中国、朝鮮半島の影響を色濃く受け、そして、様々な民族が日本にやってきて、戦いもし、そして融合もしていった!!



日本人である私たちは、一人一人、自分のルーツやご先祖様に思いを馳せ
できる限り、自分の血の情報、遺伝子の情報を知るべきだと
私は感じています。



何故なら、これほど、大陸からの渡来人が多く
交じり合ってきた私たちの中には
どうしても許せない思いがあったり、後悔の念があったり

それが、今を生きる私たちには、どうしても思い出せないような遠い過去のご先祖様の思いだからです。




できる限り、自分の性格や、両親の性格を通して
ご先祖様の思いや遺伝子の情報を知っていくこと
それが、私たちの中の融合と統合を生み出し
他者への違和感を払しょくするのだと思います。



だから、このタイミングで、初期化オリジンセッションが降りてきたのですね☆


各地で、驚くような結果が出ているオリジンセッション

ベストのタイミングで、どうぞ受けてみてくださいね☆


そして、世界平和は、まず自分の中での融合から
そして、他者へ、さらには日本から世界へ☆





2018年9月11日 (火)

平成の大浄化☆

本日、2018年の911を、とても不思議で、そして感慨深く感じている

ニコニコ☆けいこです!!


最近は、立て続けに水害や地震などの災害が起きていますが
みなさま、心はいつも平常心でいらっしゃいますでしょうか?



おそらく、今、私たちの目の前に起きているのは
【平成の大浄化】
ではないかと・・・




そして、それは来年からの新しい世の立て直しには、どうしても必要なことなのではないかと感じています。




来年の大嘗祭に向けての大浄化
それが、今なのでしょう!!


「平らかな世になることを願って平成とする」
確か、昭和が終わり、平成の元号が発表されたときに言われていたような・・・



平らかな世になるためには、この地球に埋まっている今まで地球で生きた方たちの思いを
特に、重たい思い、「決して許さない」
と誓った思いに寄り添い、理解し、和解し、光にお還りいただかなくては
決して、平らかな世は成立しません。




そのために、そのことに気づいた
私たちの先輩たち、特に霊的にそのことを受け取った人々が
何十年前、いえいえ、もっと有史以来、人と人が争うようになってから
続けて下さってきた存在たちがいたことでしょう。




私たちが魂(タマシイ)と呼ぶその言霊の中には
タマとシイがあり
タマは、亡くなった際に、あの世に光となって帰り
シイは、その人が生きた中で持った思いであり、土に還る
っと聞いたことがあります。




ならば、シイの部分に特別な思いを持ったら・・・
その思いは、地球の内部に深く潜っていくということですね!!




そして、何かあると、それが人にかかったり、あるいは、現象として何かを引き起こす
それが、天変地異なのではないでしょうか?




新しい世の立て直しの時には、地球内部の深く潜っていた様々な思いが浮上してきて
【わかってほしい】と訴えてくるのでしょう!!




今回は、2019年の大嘗祭
そして、2020年の東京オリンピック



その前に、土の中から様々な思いが噴き出して
そして、その思いが天を動かし
地震や大豪雨となって、私たちに知らせるのだと思います。




9月6日の午前3時8分に起きた地震は、完全にそう感じました。



私は、北海道生まれの北海道育ちですので、アイヌの方たちと和人との歴史
または、北海道の国土開発のために連れてこられた罪人の方たちや朝鮮の方たちのことをよく耳にして育ちました。





北海道の原野を開拓し、今のような発展を見ることができるのは
その方たちの死を持っての労働のお陰なのです。




今ではもう閉鎖されていますが、石炭の時代には、もちろん鉱夫の方たちの重労働がありました。




2004年にクリスタルボウルを持ってからは、北海道の土地は、アイヌの方たちの聖地を回り、炭鉱跡地を回り、そして、道路やトンネルでたくさんの方が土の中に眠っている土地を回りました。




ほぼ北海道全域を回ったと思っていましたが
実は、今回の地震の震源地のあたりは、まったくのノーマークで
「えっ!そんな名前の町があったかしら?」と耳を疑ったほどでした。




地震を知って、すぐに北海道にいる妹と連絡を取ると

【泊原発が止まり、北海道中の電力の供給が止まった!!】


そのメッセージに、私は、アイヌの方たちの思いを受け取ったのでした☆



私が住んでいた十勝は、アイヌ語でトカップと言います。


そこに入ってきた晩成社という開拓の一団を、ほとんどのアイヌが恐れ、山に入っていったのに、たった一人のアイヌの方が、彼らが生きていけるようにと
極寒の地での生き延びる方法を教えてくれたのです。




だから、私たちの先祖も生きることができたのです☆



そして、だからこそ、私がこうしてここに生を受けて存在することができるのです。



でもきっと、そのアイヌは、今のようにヒグマが住む聖地である山々に
あんな大きな鉄塔を立ててまで、電気を必要としなくても
生きていける道があると、ず~っと訴えていたように感じます。




だから、一時、北海道中の電気が消えた!!



でも、やはり、アイヌの方たちの思いは優しいと感じたのは
これが、もし、真冬だったら、最低気温、マイナス20℃~30℃になる土地で
どんなに着込んでも、半日、一日で、凍え死んでしまうことだったでしょう



暑すぎず、寒すぎない、北海道では一番いい時期に
一日から数日の電気なしの生活!!


もちろん、今、北海道にいる方には、大変なことだったと思いますが
開拓で入った先祖のことを思うと
もう一度、私たちの中の【開拓魂】を思い出し
どんな困難も希望を持って、新しい世界を目指して行ける!!

私はそう信じています☆



今、80歳を超えた母親が、今回のことで、その開拓者魂を思い出したのか?



【こんなことでは負けてはいられない
色々備えているから大丈夫!!
あなたは、そちらで頑張りなさい!!】っと、妙に元気な声で
最後は、私を激励してくれました☆




開拓者の孫である母は、小さなころから畑を耕し、裸馬を乗りこなしていたそうです。



そして、戦争を体験し、終戦を体験し、今のこの発展した世界で、iPhoneまで使いこなしています☆




人は環境に自然に順応していく能力が高いですね!!



でも、行き過ぎた環境の変化
必要以上の、ある一部の意図的な仕掛けによる経済やテクノロジーの発展のための変化は、地球や私たちの未来に強烈なダメージを与えるのでしょう。



そのれに対する警告が、アイヌを始め、この土地に古くから住んできた縄文の方たちの思いとなって、今、地から噴き出しているのではないでしょうか?




行き過ぎることなく、自然も喜ぶ形でのテクノロジーの発展は、必ずあるはずだと感じています。



それを、2019年からの新しい世で実現しましょう!!
っと、私たちの魂は、この地球にやってきたのだと思います。



だから、必ずできます☆
平成の大浄化も、今年中に終わることでしょう
というか、それは個人のレベルで、私たちの心の中、意識の中で起きていますので
そろそろ、ずっと持ち続けていた重い思いは、光に変えて、天にお返ししていきましょうね☆





妹の庭の様子の写真を拝借


32940208_1398405956971950_406020394


安心の日々が続きますように☆





2018年9月 8日 (土)

自然を感知する力を磨く☆

2018年になってから、8月が決着のつく時ですよ!!っと

本当にしつこく連呼してきましたが、ここ最近のその結果の出方にかなり驚いている
ニコニコ☆けいこです!!




8月末に愛知県に入りまして9月1日と3日は、愛知県の妙乗院にて、オリジンセッション等の個人セッションをさせて頂き

2日は、岐阜の本覚寺にてクリスタルボウルJAM♪をさせて頂きました☆



その中で、今、思い返せば、9月3日の個人セッションに、お子さんを連れていらしてくださったママたちが3名様


それぞれに敏感で、自然や人の気をキャッチする方たちですが
その時、お寺に一緒にきた4名のお子様のテンションが、本当にいつもと違って
妙乗院のえんこう住職が助け舟を出してくださって




(写真は、なんとか落ち着いた時の様子)



40862224_1326876110781580_412668062




【こういうときは、子供たちの気を吸ってあげるといいんだよ!!】っと、子供を抱っこして



【今、気を吸ってあげるからね☆】と語り掛けると
あらら・・・あっという間に、子供たちが落ち着き、眠そうにしているではありませんか?




ただし、これは、一過性のもので、すぐに戻るからね!!っとご住職は言いましたが
ただ、おとなしくさせる技ではなく、抱っこした大人も落ち着き、エネルギーの循環をしているのが見えました。



えんこう住職は、逆に元気がなく、クタっとしている子には、大人の気をあげるといいんだよ☆っと教えてくださいました。
ようするに、エネルギーの循環ですね!!




だた、本当にこの日の子供たちの行動が、はしゃぐとか、おだっているとかのレベルではなく
たとえて言うなら、そこに座敷童がいて、子供たちをはやし立てているのではないかという感じ
子供たちの目の色も変わり、窓の外を異常に気にしたりしていました。
お母さんたちもそのことは不思議そうにセッションを終えてお帰りになりましたが
なんとその翌日に台風が通過した後のお寺に起きたことは???






41006946_1659339754178460_259115693



光の庭とお墓の間の垣根が総崩れしてしまいました☆
こちらが、先日のお庭の風景です↓




40694636_1326876157448242_519426766



オルゴナイトの後ろに、立派な枝垂桜の横に垣根が見えます☆
たった一日で、ほんの一瞬で、お庭の状況がガラっと変わりました!!
こちらが、4月の得度式の際のお庭☆




29573076_1462028893909548_648403200



うん???
【もしかして、光の世界とお墓が表すあの世の世界の垣根がなくなって、オープンになった???】




しかも、お墓側から光の庭へ向けて、垣根が倒れこんできています。
もう、あちらの世界もこちらの世界も、光の世界も闇の世界も
そこに垣根を創る必要がない!!



見えない世界からの、そのサインでしょうね☆



ただし、この物理次元では、お隣さんやお隣の部屋のしきりがなく
すべて丸見えというわけにはいきませんが、心の世界では、もう垣根はいりませんよ☆




この素晴らしいサインを、妙乗院が魅せてくださったことに
さすが、わが師匠!!えんこうご住職、あっぱれ!!っと思いました☆



私はお陰様で、3日の夜に愛知から岡山に戻りましたので、まったく何事もない天候の中、岡山に着き
翌日の4日の台風の状況を知って、なんと今年は、猛スピードで世の立て直しの準備が続いているのだろうと感じていましたら



5日に福山の仙酔島の【ここにこリトリート】がスタートし
6日の明け方3時の北海道の地震をそこで知って
さらに本来の平成の世を創るための準備、来年の元号へのバトンタッチの準備の事の重大さを受け取ったのでした。




新しい元号の世界は、3日に子供たちが受け取ったように
【虫の知らせ】【第六感】を研ぎ澄まして、自然を感知し、自然を理解し
自然がどうしても嫌がることをしない
そして、その自然に人間の重たい思いを残さない
常に心を軽やかに爽やかにしていく努力をして





あの世に逝く際に、【タマシイ】の【タマ】の部分は、安心して光の世界へ行くように
そして、【シイ】の人間としての思いの部分は、土に還っていきますが
あまりに重たい思いが地球の土に潜っていかないように
自分自身の人生の生き方に責任を持っていきたいものです。




3日の子供たちの様子は、明らかに、翌日の台風をキャッチしていたとしか思えません
その興奮ぶりや普段しない行動
それが自然からのサインを受け取っている行動なのです☆




私たちは、一人一人、その感覚を取り戻していかなければいけません。
それが、地球への恩返しですし、これからの人間や地球を守るための行動です。



どうぞ、自分の中の【虫の知らせ】のセンサーを取り戻してくださいね☆


次回は、この後北海道に起きた地震のお話をお伝えさせて頂きますね☆


それにも、大きな意味があると私は感じています☆




« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »